全国一律送料無料(※北海道、沖縄、離島、遠隔地は別途料金)

投稿日:2022.03.26

紙の分類について|紙5種類、板紙3種類

コピー用紙に本や雑誌、ティッシュやキッチンペーパーといった生活用品・・・私達は日頃から、紙に取り囲まれた生活を送っています。

今や当たり前になりすぎて、深く気に留めることの少ない紙製品ですが、実は紙には細かい種類分けが存在することをご存知でしょうか?今、世界に流通している紙の種類は大きく分けて50、細かく分けると、なんと数千以上もの膨大な数にのぼるのです。

紙サイトを運営するプロの目から見た「仕事で紙を使うなら知っておいて損はない!」という代表的な紙素材について、種類、用途をはじめとした情報をお伝えします。

紙=洋紙?

紙の画像

最も大きな分類として、紙は「洋紙」と「和紙」に分けられます。

洋紙

洋紙は主にパルプ等を原料に製造される紙です。
1840年、ドイツ人のケラーによってつくられて以来、今日まで改良を重ねられ続け、現在はもっともオーソドックスな紙として世界中で使われています。

和紙

一方、和紙は中国にルーツを持つ紙で、明治時代に洋紙が入ってくるまでは一般的な紙として日本中で使われていました。楮(こうぞ)などを原料としてつくられる伝統ある日本和紙は、非常に高い耐久性を持ち、1000年以上の長い年月にも耐えることができるといわれています。

ただ、こういった和紙は製造に非常に手間がかかり、絶対数も少ないため、現在の日本において日常生活で見かけることはほとんどありません。「和紙」として販売されている商品も、多くは「和紙らしさ」を再現したパルプ由来の紙だったりするので、厳密に言えば洋紙に近い製品と言えそうです。

和紙の種類と特徴、選び方、通販価格について

また、日本においては経済産業省の工業調査統計をもとに紙の種類が分けられているのですが、厳密な意味での和紙は、ここで言うところの工業製品の分類には入っていません。

もちろん、和紙の製造業者や携わる職人さん、技術者の方々も多くおられ、和紙そのものの需要も世界中で年々高まりを見せているのですが、一般的な紙の分類、ということで考えるのであれば、ひとまずは「紙=洋紙」という認識で話を進めてもよさそうです。

洋紙の分類方法と大まかな種類、用途について

洋紙を分類する際には、以下の5つの基準を軸に分類を進めていきます。

  1. 重さ、厚さ
  2.  塗工紙、非塗工紙
  3.  原料
  4. 用途
  5. 以上の基準での分類が難しい特殊な用途の紙

この分類基準に沿って紙を分けた場合、まずは1つ目の「重さ、厚さ」の基準によって、「紙」と「板紙」の二種類に大別されます。
ここで言う「紙」は私達が日常で使っている普通の紙を、「板紙」はダンボール紙を思い浮かべていただければ、この二種類の違いが明確にイメージできるかと思います。

さらに分けると、「紙」は「新聞巻取紙」「印刷用紙・情報用紙」「包装用紙」「衛生用紙」「雑種紙」の5種類に、「板紙」は「ダンボール原紙」「紙器用板紙」「その他の用途の板紙」の3種類に分けられます。

以下、それぞれの特徴と主な用途について少し詳しく見てきましょう。

【1】新聞巻取紙

読んで字のごとく、新聞向けに使用される紙素材のことです。新聞というメディアの性質上、高速での大量印刷に耐え得なければならないので、インクが染み込みやすいよう、吸水性が非常に高くつくられています。また、耐久性が高く頑丈な紙素材でもあります。

【2】印刷用紙・情報用紙

紙に分類される紙素材の6割以上が【2】にあたります。一応、ひとつの分類にまとめられてはいますが、印刷用紙、情報用紙ともに、さらに多くの種類が存在しています。

代表的な印刷用紙としては、上質紙、コート紙、アート紙、グラビア用紙など。情報用紙としては、ノーカーボン紙、コピー用紙、感熱紙など。わかりやすい用途で言うならば、印刷会社などの印刷機で使用される紙が印刷紙、オフィスなどに設置されているコピー機で使用される紙が情報紙です。

どちらも同じように思われるかもしれませんが、コピー機と印刷機はまったく違った構造を持つ別の種類の機械なので、この2種類の用紙もそれぞれに対応して設計された異なる種類の紙素材なのです。

上質紙(しらおい)の通販|業務ペーパー 

コート紙(トップコート)の通販|業務ペーパー

マットコート紙(ニューVマット)の通販|業務ペーパー

アートポスト(OK特アートポスト)の通販|業務ペーパー

 

【3】包装用紙

こちらも読んで字のごとく、包装用に使われる紙素材です。純白ロール、晒クラフト、筋入クラフト、薄口模造紙などの種類が存在します。その用途の性質上、耐久性の高い頑丈な素材が多いです。

包装紙の商品一覧(純白ロール、両更クラフト紙、オリンパス)|業務ペーパー

【4】衛生用紙

ティッシュペーパーやトイレットペーパー、キッチンペーパーなどの生活必需品がここに分類されます。どうしても使わなければならない紙であるとともに、性質上再生が不可能な紙でもあるので、環境問題に与える影響が近年注視されています。

【5】雑種紙

【1】~【4】の分類に収まらない様々な紙素材がここに入ります。
例としては、電気回路などに使われる電気絶縁紙や二次加工を目的とした加工原紙、建築用原紙などが挙げられます。また、いわゆる「和紙っぽさ」を再現した書道用半紙や障子紙などもここに分類されます。

板紙

【1】 ダンボール原紙

その名の通り、ダンボールの製造に使われる板紙です。外装部分と、波型の中しん原紙によって、ダンボールは構成されています。

【2】 紙器用板紙

商品をつめるための箱に使われる板紙です。お菓子や薬の箱などを想像していただければと思います。大きく分けて、片面が白で裏面が灰色の「白ボール」、両面が白の「マニラボール」、両面が灰色の「チップボール」が存在します。マニラボールは高級感ただよう上質の板紙で、アルバムや本の表紙などに使われます。反対にチップボールは印刷適性のない安価な紙素材です。とにかく頑丈な紙素材がほしいといったニーズに応えて使用されます。

【3】 その他の用途の板紙

上の2つに分類されない板紙がここに入ります。例としては、建築用の防水原紙や石膏ボード原紙などが挙げられます。

板紙の商品一覧(コートボール、JETエース、チップボールなど)|業務ペーパー

 紙製品のご購入についてご相談お待ちしております|紙の通販 業務ペーパー

大ロットでのご注文やお見積もり、また商品に関するご不明な点等ございましたら下記よりお気軽にご連絡ください。

記事一覧に戻る

search紙の商品名や
用途・イメージから探す

さまざまな用途に応じた紙をご用意しております。
ご不明な点などございましたら、電話・メール等でお気軽にお問い合せください。

search絞り込み