send用途・イメージから探す

投稿日:2023.07.10

しこくてんれい|特徴や厚さ、主な印刷用途、ネット価格について

パルプ由来の洋紙でありながら「和」の雰囲気を追求して作られた特殊紙「しこくてんれい」
その上品な風合いと、さらりとしたやさしい手触りは名刺や挨拶状との相性がよく、和風の仕上がりを好む方を中心に多くのファンを持つ紙です。

そんな「しこくてんれい」の紡ぎだす魅力をご紹介します。
ネット価格などコスト面についてもご紹介しますので、しこくてんれいのご購入をお考えの方は是非参考にしてみてください。

しこくてんれい 商品一覧|業務ペーパー

しこくてんれいとは?

特徴的な繊維の模様

しこくてんれい(四国典礼)は和紙のひとつである「大礼紙」をモデルとしてつくられた高級紙です。
大礼紙とは、昭和天皇が即位された「大礼の儀」にちなんで福井県越前市でつくられた紙であり、雲竜紙などと並んで日本を代表する和紙とされています。

この大礼紙の特徴は何といっても表面にあらわれた細長い繊維の模様です。
こういった柄の障子紙などに見覚えがあるという方もいるのではないでしょうか?この柄は和紙の原料である楮(こうぞ)由来の植物繊維が紙の表面にあらわれたもので一般に「華」という名前で呼ばれています。

しこくてんれいもまた、この「華」を表現した和紙のような高級印刷用紙です。

しこくてんれいに使われている特殊繊維は白銀色のもので光を反射してキラキラと輝きます。
といっても派手さは全くなく、表面の上品な風合いとも相まって、静かで涼しげな印象を与えます。

大礼紙の特徴、通販価格(和紙、しこくてんれいなど)

なめらかな手触り

しこくてんれいのもう一つの大きな特徴が表面の手触りのなめらかさです。
「紙らしい」とされるざらっとしたラフな触感は全くなく、つるつる、さらさらといった表現がぴったり合いそうなスマートな手触りを持っています。

この質感も、しこくてんれいの人気の秘密であり、特に紙の手触りを感じ取りやすいとされる厚手の印刷物、主に名刺やポストカードをはじめとするカード系の分野で、しこくてんれいは幅広く使われています。

厚さ

しこくてんれいはカラー印刷の適正もあり、厚みも四六判連量表記で次の6つがラインナップされています。

  • 60kg(0.1mm)
  • 77.5kg(0.12mm)
  • 90kg(0.14mm)
  • 110kg(0.17mm)
  • 135kg(0.21mm)
  • 180kg(0.29mm)

カラーヴァリエーション

しこくてんれいは、

  • しろ
  • うすちゃ
  • ゆき
  • さくら※
  • うみ※
  • つき※

と、6色からなるカラーバリエーションがあります。

いずれも白色ベースの淡い色合いであり、しこくてんれいの紡ぎだす上品な「和」の雰囲気とぴったりあったラインナップといえます。

※「さくら」「うみ」「つき」色は2023年6月をもって廃色となるため、在庫がなくなり次第販売終了となります。
この3色をお求めの方はご注意ください。

 

しこくてんれいの用途

続いて、しこくてんれいの用途について実例を交えながらご紹介します。

「和風」「上品さ」「高級感」
こういったワードにピンときた方は、用途を問わず、一度しこくてんれいを手に取ってみてはいかがでしょうか。

名刺、ショップカード

名刺などの厚手のカード系印刷物はしこくてんれいと相性が良いです。
その魅力的な手触りとすっきりとした見た目は、受け取る側に爽やかかつ上品な印象を与え、一般的な上質紙などでつくられた印刷物よりも何倍も強い効果を発揮するでしょう。

特に、和の雰囲気とマッチする職業の方や、旅館、料亭、和食ダイニングなどを経営される方の間でしこくてんれいの名刺、ショップカードは広く使われています。

挨拶状

しこくてんれいがモデルとする大礼紙はもともと挨拶状などを中心として使われていました。
しこくてんれいもまた、こういったフォーマルな用途に応えることができるだけの高級感と品のよさを有しています。

儀礼的な場においてやり取りされる紙媒体では、今でも毛筆での筆記が好まれ、日本人にとって「和」の雰囲気とフォーマルさは切り離せないものです。
挨拶状だけでなく、結婚式等の招待状やお礼状、お見舞い状などにも、しこくてんれいを使うことができるでしょう。

封筒

しこくてんれいには封筒もあります。
その上品な見た目と手触りはフォーマルな場でのやり取りに最適です。

一般的な封筒に比べると値は張りますが、その分受け取り手に強い印象を残すことは間違いありません。先に紹介したような挨拶状などを送る際、中身と封筒を両方しこくてんれいでそろえてみるのも良いでしょう。

 

しこくてんれいの価格

最後に、しこくてんれいのネット通販での価格について。

しこくてんれいは、特殊紙やファンシーペーパーなどと呼ばれる高級紙の一種です。
そのため、一般的な紙と比べるとコストの必要な紙になります。

A4サイズ90kgのしこくてんれいを例に挙げると、1枚あたりだいたい30~40円程度が相場とされているようです。
私達が普段よく使うコピー用紙などと比べると割高さがよく分かりますね。

仕上げ目:横目
全紙サイズ636 x 939mmから必要なサイズに断裁致します。
<ご注意>紙目を指定されないお客様は、短辺×長辺の入力を入れ替えて価格をご確認下さい
短辺636mm
長辺939mm
仕上げ目:横目
数量:
※1枚から指定可 ※表示されている数量はお買い得な既定数です。 数量をマイナスにされた場合一定数までは、元の規定数の価格より高くなる場合がございます。
短辺mm
88〜636mm
x
長辺mm
88〜939mm
※88 × 88mm未満の場合、お問い合わせください。
※1枚から指定可 ※表示されている数量はお買い得な既定数です。 数量をマイナスにされた場合一定数までは、元の規定数の価格より高くなる場合がございます。
3,691円(税込)

高級紙ゆえ、気軽に大量に使うようなことはできませんが、適切な用途で使うことができれば高いパフォーマンスであなたの望みに応えてくれるでしょう。

「和」のイメージがかもしだす上品さにこだわって作られた紙「しこくてんれい」を使って、見る人の心に残るような印刷物を仕上げてみませんか?

 紙製品のご購入についてご相談お待ちしております|紙の通販 業務ペーパー

大ロットでのご注文やお見積もり、また商品に関するご不明な点等ございましたら下記よりお気軽にご連絡ください。

記事一覧に戻る

search紙の商品名や
用途・イメージから探す

さまざまな用途に応じた紙をご用意しております。
ご不明な点などございましたら、電話・メール等でお気軽にお問い合せください。

search絞り込み