全国一律送料無料(※北海道、沖縄、離島、遠隔地は別途料金)

投稿日:2023.02.05

【ヴァンヌーボV】特徴、VGやVM、スムースとの違い、通販価格、選び方のコツ

名刺やポストカード、フライヤー…

ビジネスやクリエイティブ、趣味の場で使用する紙製品にワンランク上の高級感を持たせたいなら、「ヴァンヌーボ」がおすすめです。高級紙の代名詞ともいえるヴァンヌーボは、デザイン業界をはじめ幅広いユーザーから支持を集める人気商品です。

ただ、ヴァンヌーボはシリーズ化されて種類が豊富で初めて使う方には違いが分かりづらく、とっつきにくく感じてしまうかもしれません。

この記事ではスタンダードな「ヴァンヌーボV」を中心に、VGやVMといったヴァンヌーボシリーズとの違い、選び方のコツなどについて解説させていただきます。

「ヴァンヌーボを使ってみたいけど、どれを選べばいいのか分からない…」そんなお悩みをお持ちの方は是非ご覧ください。

ヴァンヌーボシリーズ 商品一覧|業務ペーパー

ヴァンヌーボとは?質感や印刷適性

ヴァンヌーボは株式会社竹尾が展開する特殊紙、ファインペーパーの一つで、人気のある高級紙です。

紙特有のさらさらとした質感と高い印刷適性の両立に着眼して開発されたヴァンヌーボは1994年に誕生して以来、約30年の長きに渡って多くの人々から愛されてきました。

表面には上品な光沢があり、触ってみると上等な画用紙を思わせるような「まさに紙!」といった心地よい手触りを感じることができます。

モノクロはもちろん、カラー印刷の適性も非常に高く、インキの重ね具合によっては暗色系の光沢といったような微妙な色合いの表現も難なくこなすことができます。

そんなヴァンヌーボは、紙業界やデザイン業界における知名度が高く「高級紙」といえば真っ先に名前が挙がるほどメジャーな銘柄となっています。

印刷適性の高さ、独特の質感だけでなく、紙の厚み、カラーバリエーション共に豊富で幅広い用途に対応できる点も人気の理由として挙げられるでしょう。

【基本がわかればOK!】ヴァンヌーボは何種類?「FS」とは?

ヴァンヌーボシリーズは数多くの種類が展開されています。
ヴァンヌーボをはじめて使う方は「ヴァンヌーボV-FS」「ヴァンヌーボV-FS」「ヴァンヌーボF-FS」…といった名称を見ていると敬遠してしまうかもしれません。

でも、大丈夫です。まずは基本となる次の2点についておさえておきましょう。

①ヴァンヌーボは5種類!

ヴァンヌーボシリーズには5種類が存在します。

それぞれ、ヴァンヌーボV-FS、ヴァンヌーボVG-FS、ヴァンヌーボVM-FS、ヴァンヌーボF-FS、ヴァンヌーボスムース-FSという名前がついています。

似たような名前ばかりで覚えづらいですが…ひとまずヴァンヌーボには5種類しかない!という点をおさえておけば、少しとっつきやすくなるのではないでしょうか。

②名称の末尾「FS」は何?

ヴァンヌーボを扱う通販サイトによっては「ヴァンヌーボV」と表記していたり「ヴァンヌーボV-FS」と表記していたりします。
この後ろの「FS」の有無に違いはなく、どちらも同じ銘柄を指しています。

例えば「ヴァンヌーボV-FS」は正式名称です。
「ヴァンヌーボV」「FS」を略して表記しているだけなのです。

この「FS」はヴァンヌーボがFSC認証制度を通過していることを示しいます。「適切な森林管理」を認証するこの制度を通過しているヴァンヌーボは、環境にもやさしい紙製品と言えます。

ヴァンヌーボVとの違い 5種類のヴァンヌーボを比較

ヴァンヌーボV-FS(光沢★★☆☆☆ 手触り★★★★☆)

ヴァンヌーボV-FSの「V」は「Visual」の頭文字をとったものです。

最初に開発されたヴァンヌーボであり、ヴァンヌーボシリーズの基礎ともいえる紙です。表面には上品かつ抑えめな光沢があり、触感はさらさらとしています。

ヴァンヌーボシリーズにて最もメジャーかつ人気の高い銘柄です。通販サイトなどで「ヴァンヌーボ」とのみ記載している場合、ヴァンヌーボV-FSを取り扱っていると見て間違いありません。

ヴァンヌーボV-FS 商品一覧|業務ペーパー

ヴァンヌーボVG-FS(グロス★★★★☆ ラフ★★☆☆☆)

ヴァンヌーボVG-FSの「VG」は「Visual Gloss」の頭文字をとったものです。
その名のとおり、表面のグロス感(=光沢)に優れるヴァンヌーボです。その分、手触りも若干つるつるとしています。

カラー印刷により適した紙ですので、画集や写真集、デザイン性の高い名刺やフライヤーなどと相性が良いです。

ヴァンヌーボVG-FS 商品一覧|業務ペーパー

ヴァンヌーボスムース-FS(グロス★★★★★ ラフ★☆☆☆☆)

さらに表面の光沢が強めたのがヴァンヌーボスムース-FSです。
シリーズ中、最高の光沢を誇り、表面の手触りもより滑らかです。カラー印刷の鮮やかさを強くアピールしたい時はスムースの出番です。

ヴァンヌーボVM-FS(グロス★☆☆☆☆ ラフ★★★☆☆)

ヴァンヌーボVM-FSの「VM」は「Visual Mat」の頭文字です。

スムースやVGとは逆に、表面の光沢を可能な限りおさえたヴァンヌーボです。
印刷物が非常にマットで上品な印象に仕上がります。手触りはさらさらしており、Vにかなり近いです。

ヴァンヌーボVM-FS 商品一覧|業務ペーパー

ヴァンヌーボF-FS(グロス★☆☆☆☆ ラフ★★★★★)

ヴァンヌーボF-FSの「F」は「Feeling」の頭文字です。
その名の通り、手で感じる紙の質感にこだわって開発された一品です。

その手触りはかなり荒めで、人によってはざらざら、ごわごわといった印象を持つかもしれません。表面の光沢はかなりおさえめです。

5種類から最適なヴァンヌーボを選ぶコツ

ヴァンヌーボの違いについて解説させていただきましたが、やはりはじめてヴァンヌーボを使う方はどれを選べば良いのか、今ひとつイメージがわきづらいかもしれません。

そんな方に強くおすすめしたいのは「迷ったらまずはヴァンヌーボV-FSを選ぶ」ということです。

V-FSはヴァンヌーボシリーズのうち、光沢と手触りのバランスが最も良く、カラー・モノクロ問わず抜群の相性を誇ります。「いろんな種類を試してみたけど、結局はV-FSに落ち着いた」というヴァンヌーボユーザーも多くいるほど優秀な紙です。

まずはスタンダードなV-FSから使ってみて、使用感によって別の種類にシフトしていく方法が、ヴァンヌーボとの最も良い付き合い方になるのではないでしょうか。

逆に、ヴァンヌーボF-FSやスムース-FSは同シリーズの中ではクセが強いため、初めて使う方にはあまりおすすめできません。

ヴァンヌーボシリーズの価格、種類ごとの差は?

高級紙とされているヴァンヌーボは、一般的なコピー用紙などと比べると価格も割高です。

ヴァンヌーボV-FSを例にとると連量105kg(厚さ0.15mm)でA4サイズ100枚入りが1枚につき40円ほどが相場となっています。

仕上げ目:横目
全紙サイズ636 x 939mmから必要なサイズに断裁致します。
<ご注意>紙目を指定されないお客様は、短辺×長辺の入力を入れ替えて価格をご確認下さい
短辺636mm
長辺939mm
仕上げ目:横目
数量:
※1枚から指定可 ※表示されている数量はお買い得な既定数です。 数量をマイナスにされた場合一定数までは、元の規定数の価格より高くなる場合がございます。
短辺mm
88〜636mm
x
長辺mm
88〜939mm
※88 × 88mm未満の場合、お問い合わせください。
※1枚から指定可 ※表示されている数量はお買い得な既定数です。 数量をマイナスにされた場合一定数までは、元の規定数の価格より高くなる場合がございます。
【価格】
3,333円(税込)

ただ、紙の値段はサイズや厚みによって変わるため、人気の高い名刺用のヴァンヌーボ(連量195kgmm、55×91mm)なら一枚12円~15円程度で手に入れることが可能です。

また、ヴァンヌーボの種類による価格の違いですが、公式サイトを見ると若干の違いが見られます。
2023年1月現在では、スタンダードなV-FSを基準とした場合、VM-FSが同程度、VG-FSが若干の割安、F-FS、スムース-FSが若干の割高となっています。

とは言え、紙通販サイトなどでは同じ値段で売られていることが多く、あまり気にする必要はないのかもしれません。

ヴァンヌーボDigitalシリーズ【デジタル印刷対応】

ヴァンヌーボはオフセット印刷・レーザープリンター印刷に対応した紙素材ですが、版を必要としないデジタル印刷に対応した「ヴァンヌーボDigital」も販売されています。

Digitalシリーズからは「ヴァンヌーボLT-FS」「ヴァンヌーボRIJ-FS」の2種類が販売されており、LT-FSはHP Indigoデジタル印刷に、RIJ-FSはUVインクジェットにそれぞれ対応しています。

デジタル印刷は版を必要としないため、1枚~10枚といった少部数にも対応できる点が特徴です。こういった少部数印刷の紙に高級感を持たせたい印刷物にはは、ヴァンヌーボDigitalシリーズをご検討されてみてはいかがでしょうか。

ヴァンヌーボLT-FS 商品一覧|業務ペーパー


業務ペーパーでは、本記事でご紹介したようなヴァンヌーボシリーズをお手頃な価格で取り扱っております。

1枚~の少部数から、大量発注まで幅広くご対応させていただきます。実際に手にとって紙の質感を確かめたいというお客様に対しては、サンプル紙のご送付も行っております。

紙製品を低コストで、素早く手に入れたいという方は、是非とも業務ペーパーをご利用ください。

 紙製品のご購入についてご相談お待ちしております|紙の通販 業務ペーパー

大ロットでのご注文やお見積もり、また商品に関するご不明な点等ございましたら下記よりお気軽にご連絡ください。

記事一覧に戻る

search紙の商品名や
用途・イメージから探す

さまざまな用途に応じた紙をご用意しております。
ご不明な点などございましたら、電話・メール等でお気軽にお問い合せください。

search絞り込み